COUNTDOWNはチャレンジを厳選した国内唯一のグローバルクラウドファンディングです。

移動式お留守番カメラilbo(イルボ)を開発して世界に羽ばたく

モノを作りたい

移動式お留守番カメラilbo(イルボ)を開発して世界に羽ばたく

このチャレンジについて

皆さんこんにちは。株式会社エクストランです。我々のチャレンジは、移動式お留守番カメラ「ilbo(イルボ)」を開発することです。

ilboとは?




ilboは外出先など離れた場所からAndroid/iPhone/iPad などのスマートフォンを使って操作する、移動式お留守番カメラです。


ilboを自由に動かして、その場の映像を確認することができます。


例えば、お留守番中のペットの様子を見たり、




エアコンや電灯の消し忘れを確認したり、


窓の閉め忘れを確認したりできます。





日常生活でのilboの使い方をイメージしたビデオです。ilboがお留守番する様子をご覧ください。


http://www.ilbo.jp/ にはさらに詳しい情報があります。ぜひ一度ご覧下さい。

ilboの使い方

ilboはWi-Fiを使って通信するので、Wi-Fiのアクセスポイントをご用意下さい。


ユーザー登録を行い、ilboにアクセスするためのURLを入手します。


スマートフォン(Android/iPhone/iPad)で専用アプリを動かし、カメラの映像を見ながらilboを動かします。


バッテリーの残りが少なくなったら充電台へ移動して充電して下さい。


ilboとスマートフォンは、インターネット上にあるサーバーを介して通信します。
サーバーを仲介する通信方式を採用することによって、ネットワークカメラの設定にありがちな、ダイナミックDNSの使用やルーターのポート解放といった面倒な設定が不要になり、ilboの設置・導入がより簡単になります。


カラーバリエーション

通常のホワイトに加え、カウントダウン限定で4色のカラーをご用意しました。
ぜひこの機会にスペシャンなカラーバージョンをGETして下さい。

ホワイト


豪華メタルブラック


ピンク


グリーン


ブルー


暫定仕様(予告なく変更されます)


ilbo本体


全長 x 全幅 x 全高: 200mm x 120mm x 180mm
重量: 800g
カメラ: 30万画素 C-MOS,チルト制御可,Motion JPEG 320x160 5fps
移動方向: 前進・後退・左右旋回
Wi-Fi: IEEE802.11b/g/n 2.4GHz WPA2
本体電源: 内蔵Li-ion電池,連続動作時間10時間(静止状態),連続走行時間 2時間
充電台電源: AC100V(50/60Hz)
パッケージ内容: ilbo本体,充電台,ACアダプター,マニュアル

ilboアプリケーション


動作環境: Android 4.0以上,iOS 6以上
主な機能: ilboから送られる映像の再生,ilboの移動,ilboのカメラのチルト制御

お金の使い道

ご支援頂いたお金は、製品の開発/製造費の一部に充当させて頂きます。

ilboの開発動機

弊社がilboを開発しようと思ったきっかけは、弊社代表が慌てて家を飛び出し、家の窓を閉め忘れたと思ったことでした。

結局勘違いで窓は閉まっていたのですが、一日気になって仕事になりませんでした。(弊社代表は独身ではありませんが、たまたまこの日は他の家族全員が外出して留守でした。)

例えば、皆さまもこんな経験をしたことはないでしょうか?

●朝、慌てて家を飛び出し、エアコンやテレビの電源を切ったか気になる。
●玄関の鍵や窓の閉め忘れが気になる。
●ペットのわんちゃん、ネコちゃんの様子が気になる。
●とにかく家の隅々が、気になる気になる。

残念ながら、現在の監視カメラやWebカメラは家の中を動き回ることができないため、解決策にはなりません。
そんな「留守中の気になること」を解決すべく、移動可能なお留守番カメラのアイデアを思いつき、自社開発を決めました。

この製品はきっと皆さんの「留守中の気になること」を解決できる実用的で素晴らしい製品になると信じています。
皆さまから熱いご支援をお待ちしています。

試作機の開発風景



ケースを外してデバッグしています。
ilbo試作機はコントロールユニットにRaspberry Pi、シャーシや車輪にはタミヤの工作キットを使用しています。


ケースは3Dプリンターを使って作りました。左から、未塗装、塗装済、組み付け状態になります。

応援コメント


鈴木誠克
http://makoto2w.com/actors/

私が株式会社エクストランの羽土社長とお会いしたのは、3年ぐらい前にIT業界の交流会で名刺交換をさせて頂いたのが最初でした。(私は役者という肩書きを持ちながらプログラマーでもあるのです)

羽土社長とは定期的に新しいビジネスやサービスについてアイデアを出し合ったり議論をしていたのですが、このようなプロダクトを開発しているとは全く知らず、先日、突然ilboの試作モデルを見せられ非常にびっくりしました。
まさか、IT企業がもの作りにチャレンジするとは全くの驚きです。

ilboは今までにない新しい新しいコンセプトで、またilboの機能的な発展についても既に計画があると聞いています。まさに世界へ羽ばたく可能性を秘めた製品です。

私も一人のサポータとしてilboの成功を見守りたいと思います。