COUNTDOWNは厳しい審査を通過したチャレンジのみを掲載する国内唯一のグローバルクラウドファンディングです。

漫画家筑濱カズコの挑戦!パリで漫画の個展を開き、日本とフランスをユーモアでつなぎたい!

コンテンツを作りたい
コンテンツを作りたい

漫画家筑濱カズコの挑戦!パリで漫画の個展を開き、日本とフランスをユーモアでつなぎたい!

【第7報】白熱漫画教室

エスパス・ジャポンから歩いて2駅程の距離に共和国広場があります。歴史的な史上最大のデモはここからここからスタートしました。



昨日も漫画教室を開催しました。大人から子供まで、はたまたパリの漫画家志望者までいろんな方に参加して頂きました。







今回は、質問の時間をいつも多くとりました。すると、白熱の質問大会となりました。

手塚治虫のストーリ漫画が生まれた背景や、ライオンキングとの類似性の話。鳥獣人物戯画とフランスの風刺漫画の話。さらには、柔道や漫画などにみられる“型”という、精神文化についての議論など、どんどん白熱し、参加されたみなさんは、真剣なまなざしで時には顔を真っ赤にしてお話しされていました。

さすが、自由の精神を尊ぶパリっ子のみなさんです。きっと、自分はこんな時間を過ごすためにパリに来たんだと実感し、とても嬉しかったです。



そして、その後のサイン会も盛り上がりました。みなさんの表情が素敵です。





3D漫画をみて、本当に驚いているムッシュ。



天神橋で、頂きました皆さんの声のメッセージも会場にあちこちに貼っています。



私たちの漫画教室に参加されたら、1時間でこんなに楽しく似顔絵漫画がかけるようになりますよ(^^)



ほんなら、明日、明後日は休館日なので、3日後ぐらいからお会いしましょう(^^)
最後まで読んで頂いておおきに!