COUNTDOWNはチャレンジを厳選した国内唯一のグローバルクラウドファンディングです。

ありがとうございました!みなさんのお陰で「TOKYO WATERFRONT」のチャレンジが成立致しました!

地域を活性化したい
地域を活性化したい

ありがとうございました!みなさんのお陰で「TOKYO WATERFRONT」のチャレンジが成立致しました!

このチャレンジについて

ありがとうございました!みなさんのサポートのお陰で、チャレンジが成立致しました!心から感謝申し上げます!



TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSにあなたも参加して、東京の水辺を美しくするためにつながりましょう!


TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSとは、東京の水辺の美しさを知って、使って、楽しむことで、水辺を活性化するために核となる”穏やかなかたまり”、クラウド的存在です。

みなさんがTOKYO WATERFRONT SUPPORTERSの一員となって頂き、東京の水辺の楽しさの情報を共有し合い、使い方を共に考え、一緒に楽しむことで「水辺の素晴らしさ」を発信していく核となるのです。

TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSが、MIzuberingや日本マリン事業協会、ニューポート江戸川、マリンツーリズムビューロー、まちふね未来塾、さらに多くの団体との絆を強めることで、意見や思い、情報を交換し、国土交通省や東京都、港区や中押、江東区などの行政に要望を発信する窓口になり、テレビやラジオ、新聞・雑誌やネットなどの媒体に働きかけて発信していくのです。

TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSに参加してくれたみなさんの個性や所属、コネクションを活かし、様々な方向に発信していく積極的なクラウドとなって2020年の東京五輪に向け、さらにはその先の未来の東京に向けて共に働きかけて行きましょう!

TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSとして私がまず、できることは、


東京の水辺の素晴らしさをみなさんに知ってもらう!


東京湾に繋がる川や水路、運河を含め、東京のウォーターフロントが今、清々しく生まれ変わり始めています。そんな身近な東京の水辺の素晴らしさを伝えていくことが私ができることです。

「東京五輪は水の都として"お・も・て・な・し"を!」

「東京五輪後は世界一美しい水の都として世界中の人々を迎える!」

そんな日本の未来に向けて、まずは東京の水辺の美しさにスポットを当てた番組を日英二ヶ国語で制作し、YouTubeにアップし、世界に向けて発信します!



自己紹介

はじめまして!アナウンサーの小倉淳です。

このプロジェクトを立ち上げたきっかけは、東京の水辺の魅力を知ってしまったこと!!

東京の水辺は汚くて臭いものだと思っていましたが、とんでもない!

キレイで気持ちのいい場所に生まれ変わって来ているのです!みなさんにもそれを知ってもらい、使ってもらい、楽しんでもらいたくて今回TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSを立ち上げます!

TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSとして、世界に発信したい!そして、世界に誇れる水の都に東京を導いていきたいのです!

この時期は何と言っても桜です!TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSのニューポート江戸川さんにボートを出して頂き、雨の木曜日、大横川で撮影した一部です。こうした映像を日本語と英語で世界に伝えたいのです!





同じ場所を晴れた土曜日に、TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSの総合企画山下さんにボートを出してもらい、和服のゲストと一緒に撮影した一部です!桜と青空と和服美人、こうした様子も世界に発信するのがTOKYO WATERFRONT SUPPORTERSとしての私のできること!




東京の水辺の素晴らしさをまずは知って頂くことから始めます!

東京をヴェネツィアより美しい世界一の水の都にするには、まず、東京の水辺をみなさんに知ってもらわなければなりません。このチャレンジで、世界で唯一の「水の都東京」を知って頂くチャンネルになるはずです!

テスト版を制作しましたので、まずはご覧下さい!



日本語版「僕らのウォータフロント」で今の水辺の美しさを知って頂き、未来の「水の都東京」を思い描いて頂く。

英語版「TOKYO WATERFRONT」を世界に発信することで、世界中から
「水の都東京」を楽しむために観光客を集めましょう。

そして未来に向けて!

東京の水辺の素晴らしさを知って頂いたあとは、東京の水辺を使っていく展開につなげたいと考えています!

例えば


1.「Tokyo Waterfront Summit」(仮)
「東京の水辺を有効に使っていくにはなどうしたら良いか」を共に考え意見を交換ていく参加型のネットサミットを開催。有識者やゲストも共に未来を考え、発信していきましょう!

2.「Tokyo Waterfront Party」(仮)
TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSのみなさんがプロデュースする水辺を楽しむイベントを開催し、発信することで東京の水辺をどんどん活性化して行きましょう!

スカイダックツアーパーティー、水路カヤック体験パーティー、水辺のレストランディナーパーティーなど、実際に東京の水辺を楽しむイベントをTOKYO WATERFRONT SUPPORTERSのみなさんで考え実行しましょう。

水辺が大好きみなさん、サポーターになってTOKYO WATERFRONT SUPPORTERSになってください!

5000円以上サポートしてくださったみなさんには、Tokyo Waterfront Supporters メンバーズカードを進呈!

このカードを持つTOKYO WATERFRONT SUPPORTERSのみなさまはイベントを提案し、そして参加しましょう!「Tokyo Waterfront supporters」のメンバーになって東京の水辺を共に知り、共に使い、共に楽しんで発信することで、活性化して行きましょう!

東京五輪は水の都として"お・も・て・な・し”を!

2020年の東京五輪開に向け、船による移動や物流の面からも、改めて「水の都」としての東京が見直され、行政も規制緩和の姿勢を見せ、水辺を活用し易くする動きが加速。選手はもちろん、スタッフ、機材等の大量輸送が必要となる東京五輪に、東京の水路を整備・利用しようという気運も高まっています。

羽田から水路で選手村に移動する。さらには、晴海の選手村と競技会場を各国の国旗を掲げた船が行き交い、岸辺から多くの人々が手を降って声援を送る姿さえ想像できると思います!



日本はもともと水運の国だった!

日本はその周囲を3500km余りの海岸線で囲まれ,4000にも及ぶ港湾・漁港の点在する世界でも稀に見る水運国家であり、特にかつて江戸は「水の都」とも呼ばれ、江戸城を中心に水路が張り巡らされ、物や人の移動手段として盛んに利用されていました。

この50年、人々は水辺に背を向けて暮らしてきた!

残念ながら戦後の高度成長期に、川も水路も「排水路」として利用され、「ヘドロが溜まった汚くて臭うドブ」のような存在となり、多くの建物が背を向けて建てられる様になってしまったのです。

東京の水辺がキレイになってきたのをご存知ですか?!

平成を迎え、下水処理技術の向上や環境に対する人々の思いから、全国の水路の水質が向上し、さらにはウォーターフロントと呼ばれる湾岸地域の開発で、今再び、水辺を船から楽しむ人々が増えています。



東京の水辺を知って、使って、楽しんで!

今こそ、TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSとして、「水の都」として東京湾を囲む川や運河、水路やウォーターフロントにハイライトを当て、江戸から現代へ、そして2020年東京五輪に向けて大きく様変わりして行く東京の水辺の美しさ、気持ち良さ、そこに集う人々や新たな開発の動きを、より多くの人たちに知って頂きましょう!

「東京をベネツィアより美しい世界一の水の都に導くうねり」をTOKYO WATERFRONT SUPPORTERSで作りましょう!




TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSみんなで、東京の水辺の美しさを知って、使って、楽しむことで、東京の、日本の未来を拓いていける!


2020年の東京五輪開催に期待が集まる一方で、東京五輪後の落ち込みも心配されています。

しかし、このTOKYO WATERFRONT SUPPORTERSをきっかけに東京の水辺の活用が広がることで、この50年間使ってこなかった水路や川、運河やウォータフロントが活性化されて新たな産業が数多く生まれます!水上バスで学校や職場に通う人々が増え、水上タクシーが電車やバスと同じように日常的な交通手段として使われる。宅配はもちろん、物流の主役に水上輸送が踊り出る。桟橋付きのマンションや自宅から、ボートを運転して水上レストランや川床料理のお店に出かける。さらには、お台場には世界の豪華客船が停泊し、そこから日本中の観光地に向かう。もしかしたら、お台場にカジノやF1の公道レース場ができて世界中のセレブが詰めかけるようになるかもしれないのです。

世界中の観光客が「水の都 東京」を目指して集まり、日本中が観光客で溢れんばかりになる。

そんな夢の様な未来を導くこともできるはずです。

TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSのみなさんが東京の水辺の美しさを知って、使って、楽しむことが素晴らしい未来への第一歩と確信しています。

みなさんのサポートと参加をおまちしてます!!

TOKYO WATERFRONT SUPPORTERS 著名人第1号 柔道家の古賀稔彦さんから応援メッセージをいただきました!





目標金額の内訳

①TOKYO WATERFRONT SUPPORTERSのWEBSITEの構築と
 メンバーズカードの発行費用
②日本語版「僕らのウォータフロント」制作費
 ・ロケハン費・撮影用ボート代・撮影費・編集費・音響効果費・機材費
 ・グラフィック制作費・WEB管理費
③英語版「TOKYO WATERFRONT」制作費
 ・翻訳費・英語版グラフィック制作費・再編集費・WEB管理費
④各種リターン制作費