スマホと連動、腹筋強化ベルト Abstrap

モノを作りたい

スマホと連動、腹筋強化ベルト Abstrap

このチャレンジについて

スマホと連動、腹筋強化ベルト 「Abstrap」



世界のガジェットオタクに送る、

世界一小さい家電メーカー、マーズ電機製品第一弾!


マーズ電機は、「世界一小さい家電メーカー」を目指し、2012年の5月に設立されました。
大手メーカーでは製品化できないような変わった製品、面白ガジェットなどを作り続けます。
皆様、是非、ご支援よろしくおねがいします!


トレーニングをつづけるには”記録”が大事?


数々のダイエットを試みても長くつづかない、という方も多いと思います。



ダイエットに一番効果的なのは「体重をはかり続ける」と聞きました。つまり

記録する、


というのが実はトレーニングを続けるコツではないかと思います。
そこで、「気になるおなかをスリムにする運動」を”記録”する装置を考えました。


腹筋強化ベルト Abstrap (アブストラップ)


腹筋 : Abdominal muscle



ひも状のもの : Strap





Abstrap(アブストラップ)は、スマートフォンと接続するベルトです。ベルトには、「ひっぱるとONになるスイッチ」が取り付けられており、おなかをへこませた状態でベルトをしめることにより、腹筋がゆるんでいるかどうかを測定することができます。

腹筋がゆるむとスマートフォンのバイブレーションが作動し、ビープ音も鳴り、しらせてくれます。また、いつ、どのぐらいの時間トレーニングしたかを記録し、グラフ化します。


すでに試作品は完成しており、動作は良好です。現在、スマートフォン側のソフトウェアを作っているところです。AndroidOS用のアプリはほぼ完成し、iPhone用のアプリも製作中です。アプリケーションソフトは、それぞれのストアから無償でダウンロードできます。
今回、サポーターの方々からご支援いただいたお金は、残りのプログラム開発費、およびリターン品の生産に使用いたします。


効果をWebで公開



チャレンジ中はどのぐらい効果があったかを、ほぼ毎日報告致します。スリムなボディーになれるのか!?


機種依存が少ない、オーディオジャックインターフェイスを開発



スマートフォンには沢山の種類があり、同じ装置でもスマートフォンの種類によっては動かないということがよくあります。全てのスマートフォンに対応する装置を作るのは困難なのですが、われわれは機種依存が非常に少ない、「オーディオジャックインターフェイス」を開発しました。
普通のオーディオジャックが搭載されている機種であればほとんどのスマートフォンで使うことができます。

※オーディオジャックが無いスマートフォンもありますので、お申し込み前にご自分のスマートフォンのジャックをよく確認してください。(3.5mm4極オーディオジャック)

※見た目にはまったく同じに見えますが、オーディオジャックにも大きく2つの種類があります。お申し込み時に、ご自分のスマートフォンのメーカー名(できれば機種名も)を教えてください。CTIA方式(GalaxyやiPhoneなど)とOMTP方式(Sonyの一部の製品など)の2パターンがあります。

※オーディオジャックを使うので、本製品を使用と同時にイヤホンやマイクを使用することはできませんのでご注意願います。

※現在までで確認はされていませんが、オーディオジャックがついていても使えない機種があるかもしれません。とくにAndroid端末は機種が多くて確認できません。万が一、ご支援いただいたのに使えなかった場合は、後ほどメールにてご連絡ご相談ください。場合によっては製品以外のリターンになる可能性もありますのでご了承願います。


開発者向けにAPIを公開



スマートフォン開発者を対象に、アプリケーションソフトウェアのソース公開、およびAPIの公開を行います。腹筋トレーニングに限らず、単なるスマートフォン用スイッチとしても使うことができ、用途が広がります。たとえば、スイッチ部に釣り糸をつけて、簡易防犯スイッチ、などを作ることも可能でしょう。スイッチが入ったらメールを飛ばす、ということもできるかもしれません。


対応スマートフォン機種



OSのバージョンが1.6以上のAndroidスマートフォン

iPhone4/4S


開発中の画面





マーズ電機



マーズ電機は、小ロット量産の電化製品を製造販売するために作られた、「世界一小さい家電メーカー」を目指すベンチャー企業です。
日本の製造業は海外勢におされ気味ですが、工夫次第では日本国内でもまだまだ安い、良い製品を作ることはできます。震災や円高の影響で元気が無い日本を元気づけるべく、生産、部品調達は極力日本国内、日本製で行っています。また、間接経費を減らすべく、設計から生産までのほぼ全ての作業を少人数で行っています。
そして、世界に向けて面白ガジェットを作り続けます。

回路設計


基板設計


ソフトウェア


機構・筐体設計


デザイン


小ロット生産、試作