COUNTDOWNはチャレンジを厳選した国内唯一のグローバルクラウドファンディングです。

「市民創作 函館野外劇」を後世に残したい! 舞台は国の特別史跡 五稜郭(北海道函館市)

地域を活性化したい

「市民創作 函館野外劇」を後世に残したい! 舞台は国の特別史跡 五稜郭(北海道函館市)

COUNTDOWN × JACCS

コラボチャレンジは、目標金額の達成可否に関わらず決済が行われます。

このチャレンジについて

函館野外劇は、国の特別史跡 五稜郭を舞台とした壮大な歴史絵巻です。野外ならではの迫力で函館の歴史を次々と再現。馬が奔り、船が行き交い、手に汗握る立ち回りが繰り広げられます。出演者、スタッフは全て市民!幾多の困難を乗り越えながら、過去29年間上演を続けてきました。

2014年に五稜郭の石垣が崩落し、従来の舞台・観客席が作れなくなりました。今回の資金で「移動式観客席」を導入したいと考えています。また、東京や東北でのPRキャラバン、音声ガイドの導入を計画しています。皆様のあたたかいご支援、何卒よろしくお願い致します!


2月6日(月)15時〆切!私達から最後のお願いです!

私達は〆切までに目標金額が集まらなくても、引き続き別の方法で資金を集め、「移動式観客席」を導入します。移動式観客席を導入しなければ、五稜郭の石垣崩落で生じた諸問題を解決できないからです。

しかしこのクラウドファンディングで、1円でも多くのご支援が集まることは、私達にとって、大きな助け、希望になります。皆様、ぜひあたたかいご支援・ご協力を、何卒よろしくお願い致します!




函館野外劇とは?

ストーリー


函館地方で起こった歴史的な出来事や人々の想いを伝えます。
◇はるか昔、自然の豊かな恵みを受けて暮すアイヌの人々~和人との対立
◇黒船来航~箱館(函館)の外国への開港
◇五稜郭築造
◇箱館戦争~奮戦する土方歳三
◇2016年 北海道新幹線開業 など






今から約30年前、街再生策の一環としてスタート


函館野外劇はフランスの小さな町の古城を舞台にした歴史劇「ル・ピディフ野外劇」がモデル。
フランス人宣教師フィリップ・グロードさんが函館の地域起こしとして提唱した事がきっかけで、以来、函館の夏の風物詩として親しまれてきました。



すべて、市民ボランティアの力で運営


劇の出演者に加え、受付や会場整備、衣裳、小道具、効果係…運営に係るスタッフはすべて、市民のボランティア。その数は1回公演あたり、250人を超えます。



これまで「国土庁全国地域づくり表彰ー国土長官賞」「北海道地域づくり優良事例ー知事賞」はじめ様々な賞を受賞しました。野外劇そのものの芸術性と、地域活性化への貢献の両面が評価されています。


2014年、大事件が起きました(五稜郭の石垣崩落)

年月の経過に伴う、五稜郭石垣の崩落。野外劇に使用していた場所ではないものの…「堀を舞台として使う」危険性が指摘され、今まで使っていた場所を使うことが出来なくなりました。
以来私たちは、五稜郭内で転々と場所を変え、試行錯誤をしています。
今後元の舞台への復帰は、修復工事の進捗を見守り、国や市と協議をしていくしかありません。私たちの目標は「復帰するまでの期間、元の広大な舞台に負けない舞台を創り出すこと」です。




その他にも、次の課題があります

①お金のこと…新しい取り組みに充てる資金的な余裕がない
②スタッフのこと…若い世代にもっと参加してほしい
③集客のこと…北海道新幹線が開業したがPRが不十分/外国人観光客や高齢者への対応



今、このページをご覧くださっている“あなた”に「函館野外劇」に興味を持っていただけたこと。本当に有り難く思っています。
函館野外劇は従来から多くの方々に支援いただいていますが、課題解決のためにはさらなる資金が必要です。


目標金額1200万円の使い道は、次の3つです!


(1)移動式観客席の導入


石垣崩落後、私たちは公演1回ごとにパイプ椅子やブルーシートを並べて対応しています。非常に労力がかかり、さらに、後方のお客様からは見えにくいという苦情があります。

移動式観客席の導入が、この問題を解決します。劇のない日にも公園利用者の妨げにならず、また、旧舞台に復帰した場合でも使用できるようにしておくことにより無駄になることもありません。





(2)東京へ!若手メンバーによるPRキャラバン


2016年3月の北海道新幹線開業で、関東・東北から函館への観光客が増加しています。東京や東北主要都市に出演者(ダンス・殺陣チーム)を派遣し、PRキャラバンを実施したいと考えています。これにより新たな観客を動員すると共に、若手中心メンバーの育成につなげます。




(3)外国語・日本語 音声ガイドシステムの導入


近年、函館を訪れる外国人観光客は急増中。函館野外劇の2016年公演「外国人推定入場者数」は多い日で約5%となりました。しかし現在、日本語のセリフを通訳する仕組みがありません。

また、耳が聴こえづらい方(ご高齢者・障がい者)へのサポートも求められています。音声ガイドシステムの導入により、これらのニーズに対応します。




リターン(サポートへのお礼)


~全ての方へ~
◆お名前を、移動観客席に設置する看板と、ホームページに掲載します
◆鑑賞券をお送りします(2017年公演日のうちご希望の1回にお使いいただけます。
 2017年公演日…7月14日~8月12日の金曜・土曜。ただし8月4日・5日除く)

~さらに、3万円以上ご支援の方には~
◆エンドロールにお名前を記載したDVDをお送りします


本件はCOUNTDOWNのコラボチャレンジです。目標金額の達成可否に関わらず決済が行われます。


※ご支援の総額によって、前述した3つの取組みを1→2→3の順で選択して実施します。
※目標金額に達しない場合、引き続き別の方法で資金集めに取り組み、「1.移動式観客席」を導入します。
※目標金額を超えて集まった場合、第30回公演制作資金として、大切に活用させていただきます。




◎◎◎応援メッセージ◎◎◎


新井満さん(テーマ曲作詞作曲/芥川賞作家、「千の風になって」作者)



現在の私は、函館郊外の大沼に住んでいます。湖畔の森の中に山小屋を建て、羊を飼って暮らしています。時には歌も作ります。「千の風になって」もここで作りました。同じ頃、作詞作曲したのが函館野外劇の主題歌「星のまちHakodate」でした。
主題歌には、ひとりの旅人が登場します。道なき道を歩いてきた彼は、傷つき倒れてしまいます。そんな時、「あきらめるな、涙をふいて立ち上がれ!」と、はげましてくれるのが函館の星・五稜郭というわけです。勇気と希望の歌をいちど歌いに来ませんか。
がんばれ、函館野外劇!


青田飛鳥さん(出演者)「私が野外劇に参加して学んだこと」



私は、小学4年生から高校1年までの7年間、野外劇に参加しました。お稽古は厳しく、大変なことも多くありましたが、今となってはどれも良い思い出です。
この劇に参加したことで、函館の歴史をたくさん学ぶことができ、より函館が好きになりました。10代から60代、70代の方まで、大勢の仲間と共に同じ舞台を作ることはめったにできないことです。
私を育ててくれたこの素晴らしい劇が、これからも永く続いてくれればと思います。
(コロポックル役として出演)


佐々木聡さん(出演者)「野外劇応援メッセージ」



私が「函館野外劇」と出会ったのは、脳梗塞をわずらい退院まもない頃のことでした。
ゆくさきも見えず悶々としていた日々を過ごしていました。これではダメだと思い、一念発起であえて自分の苦手なことに挑戦してみました。それが舞台に上がり大勢の人前でセリフをしゃべるという演劇でした。
いまでも足のマヒは残っています。それでも野外劇の皆さまから励ましの言葉をいただき、感動の舞台に今でも立っています。
(石川啄木・武田斐三郎役) 


丸山あやさん(出演者 殺陣チーム)



函館野外劇では、箱館戦争の激しい戦いを再現した殺陣シーンがあります。
迫力のある殺陣を演じるには、仲間との信頼関係が欠かせません。野外劇を始めたことで、仲間との絆や一緒に劇を作り上げていく楽しさを知りました。
そんな函館野外劇は、函館の歴史を臨場感溢れる演出でご覧いただけます。是非、観に来てください。





皆様のあたたかいご支援を、何卒よろしくお願い申し上げます!


ご質問などがございましたら何なりと、下記へご連絡ください。


NPO法人 市民創作「函館野外劇」の会


事務局TEL 0138-56-8601


FAX 0138-56-8602
〒040-0001 
北海道函館市五稜郭町29-7 五稜郭櫻交流ハウス内

函館野外劇についてもっと知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。今までの歩みや特徴、登場人物等についてご紹介しています。
「函館野外劇の足跡」ページへ



<支援の方法についてのご案内>


※支援金額の選択画面は、
PCとタブレット端末でご覧の方はこの画面の右上、
スマホでご覧の方はこの説明文の下にあります。

※ホームページでの手続きが難しい方は、お電話ください。
 事務局にて、電話で受付いたします。

※本件は「コラボチャレンジ」につき、
目標金額の達成可否に関わらず、支援金は決済されます。

※領収書について
お支払い方法によって、下記が領収書となります。
野外劇事務局では領収書を発行しませんのであらかじめご了承ください。
◆振込みの場合…各金融機関が発行する「振込証明書(受領書)」が、税務署で認められている会計法規上正式な領収書です。ネットバンキングのお客様は振込決済が完了した画面を印刷したものが「領収書」となります。
◆クレジットカードの場合…ご契約のクレジットカード会社が発行するご利用明細書が会計法規上正式な領収書です。

NPO法人 市民創作「函館野外劇」の会

事務局TEL 0138-56-8601

FAX 0138-56-8602
〒040-0001 
北海道函館市五稜郭町29-7 五稜郭櫻交流ハウス内