COUNTDOWNはチャレンジを厳選した国内唯一のグローバルクラウドファンディングです。

世界で戦う日本人カリフォルニア醸造家「林泰久」のワイン造りを応援したい!

モノを作りたい

世界で戦う日本人カリフォルニア醸造家「林泰久」のワイン造りを応援したい!

コラボチャレンジは、目標金額の達成可否に関わらず決済が行われます。

このチャレンジについて

ナパヴァレーの一流ワイナリー「イングルヌック」で14年修行した日本人カリフォルニア醸造家「林泰久」の世界への挑戦を応援しよう!




カリフォルニア醸造家「林泰久」の挑戦と、日本国内へのナパヴァレーワインの流通拡大を目論む「THE STELLA」の挑戦


はじめまして!私たちはカリフォルニア州ナパ・ヴァレー、ソノマの希少なカルトワインと、ワイン愛好家を繋ぐ完全会員制ワインクラブ「THE STELLA」です。

この度は、カリフォルニア・ナパヴァレーの名門ワイナリー「イングルヌック」で14年のキャリアを積み、オリジナルワインで世界に挑戦する醸造家 林泰久氏と、私たちTHE STELLAの挑戦を応援いただきたく、COUNTDOWNにてクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げました。

まずはじめに、私たち「THE STELLA」の活動についてご説明いたします。


その希少さゆえ入手し難いナパヴァレー・ソノマワインを、日本国内で味わえる場を作りたい!




カリフォルニア・ナパヴァレー、ソノマのワインについてどのような印象をお持ちでしょうか?

カリフォルニアのカルト系ワインは、フランスの一流シャトー物ワインの様に、瓶詰をされてから飲み時を迎えるまで年月を必要とするビンテージワインとは違い、「比較的早い時期に飲んでも美味しく、また長期熟成を行い飲んでもさらに美味しく飲めるワイン」という評価を得ています。

様々な理由がありますが、特にナパはフランスよりも気候的に日照条件に恵まれた地域であるため、ブドウの糖度が高く、また夜間は冷え込むため良い酸も維持され、気温の低い地域との栽培方法等の違いなどにより、ブドウ品種本体の味わいがワインに反映されることで「果実味に満ちているがバックボーンの酸も美しく、美味しい」と評価されています。

このようなワイン自体の特徴に加え、カリフォルニアの高級プレミアムワインは「カルトワイン」と呼ばれる希少性の高いワインというポジションを得るに至る発展の歴史があります。

1990年代にアメリカでビジネスに成功した事業家たちの間で、リタイヤ後に趣味としてワイン造りを行われるようになりました。中でもナパヴァレーに自身の小さなブティックワイナリーを作ることがステータスとされるようになり、ナパヴァレーでの優秀なワイン造りが活発化されていきました。

ワイン造りに取り組む中、ワインに市場性があると判断した事業家たちが、豊富な資本と最高の技術を用いたワイナリーを続々と誕生させ、最良の畑で造られた最良の果実のみを極少量選別して最高級のワインを作るというカルチャーが出来上がりました。

彼らのネットワークとマーケティングの結果、希少な最高級のワインは「カルトワイン」と呼ばれるようになり、この言葉が定着しました。カリフォルニア高級ワインはその味と質の高さから、世界中のワイン愛好家の評価を勝ち得ました。

但し、カリフォルニア州ナパヴァレー、ソノマの高級ワイナリーは小規模な所が多く、生産数も年間数百~数千ケースといった極少量生産です。ワイナリーごとにメーリングリスト方式により登録された個人愛好家と一流レストランへの割り当てが決まっており、一般個人はそれぞれのワイナリーの会員制メーリングリストの欠員を待たないと入手出来ないなど、手に入れることが困難なワインとなっていきました。


THE STELLAの取り組みについて




上述したような背景から、日本国内へ流通するナパヴァレー・ソノマのカルトワイン、プレミアムワインは数が限られてしまっているのが現状です。

そこで私たち「THE STELLA」では、この流通の問題を解決すべくサービスを立ち上げました。「THE STELLA」では、ナパヴァレーで生産者のインサイダーとして約十数年間、現地のワイナリーオーナーと醸造家達との交流を続け、現地に強力なネットワークを持つワイン・ディレクター秋月康孝氏とともに、直接ワイナリーと交渉し、その信頼をもとに取扱を許されたナパワインを、日本国内に完全会員制で販売するサービスを行っています。


今回はこの「THE STELLA」の取り組みの一環として、14年もの間、ナパヴァレーの一流ワイナリーであるイングルヌックで修行を行った林泰久氏の挑戦を支援するプロジェクトとして立ち上げました。ぜひ皆様に、林泰久氏の挑戦、そしてTHE STELLAの日本国内へのナパヴァレー・ソノマワインの流通の拡大のチャレンジを応援していただければと考えております。


名門ワイナリー「イングルヌック」で14年修行した林泰久氏




本プロジェクトで支援をお願いする林泰久氏についてご紹介いたします。

林泰久氏の出身は岡山県倉敷市。香川大学を卒業後、1996年に前職の旅行会社の仕事の関係でサンフランシスコへと転勤となり、初めてナパヴァレーを訪れました。その際、ナパヴァレーの美しさとワインの美味しさに感動し、ワイン作りに携わる将来を夢見るようになりました。

その後2000年に念願叶い、映画監督で有名なフランシス・フォード・コッポラ氏がオーナーである米国ナパの名門ワイナリー「イングルヌック」に入社。当初はテイスティングルームで働き、後にワイン造りの部署へ異動。そこでワイン造りの魅力に目覚め、醸造家となるべく、当時ルビコン(イングルヌックの前身)の醸造家であった米国人スコット・マクラウド氏に師事。名門ワイナリーの一流醸造家の下で、一流のワイン造りを学ぶ生活を過ごしました。

イングルヌックオーナーのフランシス・フォード・コッポラ氏が、2011年にボルドー5大シャトーに数えられ、世界的に評価の高いフランスの名門ワイナリーであるシャトー・マルゴーの経営責任者でありトップ醸造家であったフィリップ・バスコール氏を引き抜き、GM兼醸造責任者に任命。林泰久はその超一流フランス人醸造家と共に、数々の銘醸ワインを造ってきました。

名門ワイナリー、超一流の醸造家とワイン作りに励む中、自分自身の夢はなんだろう、自分自身のワイン作りでもっと挑戦をしてみたい、という気持ちが強くなり、2014年に14年間の修行生活を経て独立、2015年のヴィンテージよりご自身のワインを作るに至りました。

私たちTHE STELLAの「ナパヴァレーの優秀なワインを国内に流通させたい」という挑戦を行う中で、林泰久氏と出会い、この日本人醸造家のカリフォルニアでのワイン作りの挑戦が、今の私たちの挑戦に内包されることを理解し、私たち自身が日本国内向けの総販売代理店となる契約を行うに至りました。


林泰久氏による初ヴィンテージ「PAULOWNIA」がついに日本上陸!


林泰久氏はAVAセント・ヘレナ北部のグラス・マウンテンの単一畑と契約、僅か葡萄3トンからワイン造りをスタート。かつての師匠である一流醸造家フィリップ・バスコールも認めた、至極のファーストヴィンテージワインがついに日本上陸!フラッグシップワインである「PAULOWNIA」の生産量は、なんとわずか110ケースのみ。「THE STELLA」が総販売代理店として、数量限定で販売しています。

本プロジェクトをサポートいただいた皆様には、このPAULOWNIA含む、HAYASHI WINESのスペシャルセット(3本入り)を特別にお届けいたします。




世界限定180セットの HAYASHI WINES SPECIAL SET(3本入り)


2015 BONNE ODEUR Cabernet Sauvignon
2015 PAULOWNIA Cabernet Sauvignon
2016 BONNE ODEUR Rose
(画像左から順に)

今回20セットをCOUNTDOWNサポーター限定でご用意いたしました!






Flagship - 2015 PAULOWNIA Cabernet Sauvignon


フラッグシップ - 2015パウロニア・カベルネ・ソービニヨン
グラス・マウンテン・ヴィンヤードのフラッグシップ・ワイン。 濃く深い紫よりもさらに濃い、インクに近い黒色の、フルボデイーのワイン。 樽香が微かに香る、エレガントな香りに仕上げっています。 熟したプラムを想わせる深い味わいのワインですが、雑味のない香りと飲み口、 滑らかなのど越しとアフターフィニッシュが特徴的です。 フラッグシップ・ワインとしての、ワインの品格を感じさせます。

AVASaint Helena / セント・ヘレナ
品種カベルネ・ソーヴィニヨン100%(単一畑)
熟成開放ステンレスタンクにて発酵、スキンコンタクト22日間、 その後にフレンチオーク樽にて18ヶ月熟成(新樽比率100%)
生産量110ケース





2nd Label - 2015 BONNE ODEUR Cabernet Sauvignon


セカンド・ラベル - 2015 ボン・オドール・カベルネ・ソーヴィニヨン
グラス・マウンテン・ヴィンヤードのセカンド・ラベル。 ファーストプレス、セカンドプレスを、それぞれ熟成させて、絶妙なブレンド比率で 組合せています。ミデイアムボディーで、上品なバランスのとれたカベルネ100%のワイン。 食事の邪魔をせず、その良さを引き出し、盛りたてるワイン。 口当たりが非常にスムーズで、美しい余韻が印象的です。

AVASaint Helena / セント・ヘレナ
品種カベルネ・ソーヴィニヨン100%(単一畑)
熟成開放ステンレスタンクにて発酵、スキンコンタクト22日間、 その後にフレンチオーク樽にて18ヶ月熟成(新樽比率100%)
生産量50ケース





2016 BONNE ODEUR Rose


2016 ボン・オドール・ロゼ
美しいピンク色のロゼワインです。 MLFはかけず、適度に澱を残しており、よりストレートな果実味と鮮度を優先しております。 オレンジブロッサム、ストベリー系の香り、ブラッド・オレンジやピンク・グレープフルーツの味を 感じます。後味として、オレンジピールの様な酸味と渋みが混ざり、その余韻が長く続きます。

AVASaint Helena / セント・ヘレナ
品種カベルネ・ソーヴィニヨン100%(単一畑)
熟成スキンコンタクト1時間以内、MLFは行わずストレートな果実の酸を残しております。 澱引きは極力軽く、7ヶ月のステンレスタンク熟成。
生産量50ケース



資金の使い道について


① HAYASHI WINESの国内向けPR,広告など各種プロモーション費用
② 2018年度のワイン作りの費用

世界で戦う日本人カリフォルニア醸造家「林泰久」の挑戦!
皆様応援よろしくお願いいたします!