COUNTDOWNはチャレンジを厳選した国内唯一のグローバルクラウドファンディングです。

日本が誇るエンターテイメント「浪曲」を世界へ!      浪曲師・春野恵子がNY公演にチャレンジ!

伝統を広めたい

日本が誇るエンターテイメント「浪曲」を世界へ!      浪曲師・春野恵子がNY公演にチャレンジ!

このチャレンジについて

大西ユカリさんから応援メッセージ頂きましたっ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



浪曲師の春野恵子です!日本が誇るエンターテイメント「浪曲」を世界へ!
そのはじめの一歩として、ニューヨークでの浪曲公演にチャレンジします!



私は、上方の女流浪曲師の第一人者・二代目春野百合子に入門を認めていただき、今年でちょうど10年となります。浪曲に出会う前、日本テレビ「進ぬ!電波少年」の家庭教師「ケイコ先生」として芸能界デビューしました。「東大一直線!」最終回は、視聴率30%を超えるなど注目を集め、その後一年ほどの芸能活動の中で「救命病棟24時」「笑っていいとも」資生堂のCMなど、様々なお仕事を経験させて頂きました。





「NO 浪曲, NO LIFE!」~ バリカン坊主で浪曲修行

幼い頃からミュージカルと時代劇が大好きで、歌うことやお芝居をすることを仕事にしたいと思い続けていました。ひとりミュージカル・ひとり時代劇のような浪曲の舞台に出会った時に「これこそが私が一生を賭けていくものだ!」と確信したのです。

思い立ったら一直線!師匠に弟子入りのお願いをするため大阪へ。「諦めなさい」という師匠に「浪曲がなければ、私の人生はないんです!」と食い下がり、お稽古をして頂けるようになったあの時の喜びは、今も忘れることができません。これでやっと自分の本当の人生が始まるのだと思いました。

半年後には、頭をバリカンで3ミリ坊主にして(笑)大阪へ移り住み、本格的に浪曲師としての修行をスタートしたのです。親戚もなく友達もいない大阪へ。ただ師匠だけを頼りに大阪へ。一生追い求めていくものを見つけることができた喜びは、どんな不安をも上回るものでした。一歩一歩修行を積み重ね、実力を積み重ねていく。それしか考えていませんでした。浪曲というものの存在すら知らなかったところからの、ゼロからのスタート。最初に心に決めたのは「一生続ける」それだけでした。




浪曲(ろうきょく)とは〜「ひとりミュージカル」?!

そもそも「浪曲」とは何かを知らないという方も少なくないかもしれません。浪曲は、三味線とともに物語を語る芸能で、落語や講談とともに、日本を代表する演芸・話芸のひとつです。江戸時代の末期から明治のはじめに成立したと言われ、一時は大流行!人気俳優やアイドル並の人気があり、長者番付のトップにも浪曲師が名を連ねたのだそうです。

語りと台詞のやりとりと節(ふし)を駆使して語っていくので、まるで「ひとりオペラ」。譜面はなく、浪曲師と曲師が舞台で繰り広げるやりとりは、「ジャズのセッションのよう」とも言われ、そのライブ感が浪曲の魅力です。



浪曲の演目には様々なものがありますが、例えば若い方に浪曲を聞いて頂く際には恋愛もの。何度確かめても相手の心を疑ってしまう女心(「番町皿屋敷」のお菊)、嫉妬深い奥さん(「樽屋おせん」のお糸)の勘違いがとんでもない騒動に発展するなど、恋愛の機微は年代や時代や国境も超えて共感できるものではないでしょうか。小さなお子さんが多い時には、生意気だけど優しい男の子が出てくる笑いの多いお話(「神田松五郎」)、ご年配の方が多い時には、親子の情愛を描いた物語(「両国夫婦花火」)等々。浪曲と一言でいっても、たくさんの物語があります。年末には「忠臣蔵」のお話を聞いて頂く機会も多いですね。

浪曲では物語に登場する様々な役どころをひとりで演じるという所がまた面白く、さらにドラマティックな三味線とともにメロディアスに語る躍動的でもあり繊細でもある節回しによって、物語へ引き込む引力が大きくなるのではないでしょうか。

最近では浪曲の中に、ジャズやロックやラップといった音楽的要素を見出して、新しくファンになって下さる若い方も多いようです。きっかけさえあれば、老若男女問わず楽しんで頂けるエンターテイメントなんですよ。

 



現在の活動

現在では、一心寺門前浪曲寄席、天満天神繁昌亭などに出演させて頂くほか、浪曲を身近に感じて頂けるようにワークショップ付きの公演「春野恵子のROUKYOKU ROCK YOU!」などの企画公演も積極的に行っています。(詳しい活動内容については、プロフィール欄をご参照下さい)公益社団法人浪曲親友協会の理事として、微力ながらも浪曲界発展のために活動させて頂いています。

大阪市が未来の大阪文化を担う人材に対して贈る「咲くやこの花賞」を受賞させて頂けたことは、東京出身でありながら大阪で弟子入り、浪曲師となった私にとって大きな喜びでありました。




そしてエンターテイメントの本場・ニューヨークへ!

様々な活動を行う中で、外国のお客様にも浪曲を聞いて頂き「海外でも浪曲の公演をすべきだ」「浪曲が持つダイナミックなエネルギーは世界のどの国の人々でも引き付ける魅力と可能性を持っている。言葉が分からなくても人間の根源的なモノに触れるパワーが浪曲にはある」など様々な感想を頂きました。そうだ!浪曲のような手法で物語を語る芸能は世界的に見ても珍しい。この浪曲を世界中の人たちに知ってほしい!その思いはどんどん膨らんでいきました。

本年3月、その足がかりとして本邦初の全編英語浪曲を発表。新聞各紙にも大きく取り上げられるなど注目を集めました。終演後に興奮冷めやらぬ様子で「私は日本へ来て、今夜ここで most beautiful thing を観た!」と感想を伝えて下さった外国人の女性の方の表情はとても印象深く、エンターテイメント・浪曲の素晴らしさを、外国人の方にもアピールできたということが、ひとりの表現者としてとても幸せなことでした。

朝日新聞2013年3月17日記事をご覧下さい!
英語浪曲を披露している動画も見れます!
http://www.asahi.com/culture/update/0316/OSK201303160101.html


ひとつの物語を伝える手法としての浪曲を海外に伝え、それぞれの国で、それぞれの楽器で、それぞれの国に伝わる物語を、語り・台詞のやりとり・メロディに乗せて語っていく、そんな風に浪曲が広がっていったらなんて素敵なことだろう!これは世界のエンターテイメントに大きなインパクトを与えうるに違いない!そんな想像が膨らみだしたら、じっとはしていられなくなってしまったのです!

そこで今回、わたしはニューヨークでの浪曲公演を目指します!

ニューヨークはミュージカルをはじめとする様々なエンターテイメントの本場です。ひとりミュージカルともいえる、日本が誇る素晴らしいエンターテイメント「浪曲」を世界へ紹介していくスタートの地としては、ニューヨークがぴったりだと思いました!

「浪曲を世界へ!」これは実は「浪曲を日本へ!」に繋がってくると考えています。題して「浪曲・逆輸入作戦!!!」世界で浪曲が評価されることになれば、日本国内でも浪曲を皆様にもっと知っていただくための大きな力になるのではないでしょうか。

このような活動を通じて、自分も浪曲をしてみたいという、若手の入門者が増えてくれることも期待しています。浪曲を後世に伝えていくためにも、さまざまな角度から活動を広げていくことの重要性を切に感じています。


クラウドファンディングで叶えたい

「浪曲を世界へ!」。この大きな目標に向けての「はじめの一歩」を踏み出すにあたり、「クラウドファンディング」という形で実現させることに意味があると私は考えています。おひとりの方から多額の御支援を頂くという形ではなく、多くの皆様から少しずつ御支援頂き、なるべくたくさんの方にこの夢を共有して頂きたいのです!

実は私自身もクラウドファンディングのチャレンジにサポートをさせて頂いた経験があります。チャレンジャーの方の夢に少しでも貢献させて頂けたことが嬉しく、素敵なシステムだと思いました。諸外国に比べて、日本ではまだまだクラウドファンディングの認知度は高くないので、このチャレンジを成功させ、クラウドファンディングの認知度を上げたい、そして多くの方がひとりでは実現できなかった夢を叶えられますようにと願っています。


ニューヨーク公演内容

公演日は3月5日、会場はNYジャネット会館を予定しています。ニューヨーク市内の中心地、アクセスしやすい立地です!



公演内容は、

  *英語での浪曲レクチャー
  *英語口演による浪曲「番町皿屋敷~お菊と播磨」
  *字幕つき日本語口演による浪曲「両国夫婦花火」


最初に導入としての英語でのレクチャー。浪曲入門体験として、三味線の音程に合わせて七五調「なにがなにしてなんとやら〜」を全員で声を出して頂いたり、物語のどんな場面でどんな節を使うのかを実演したり、浪曲を楽しんで頂く際の「待ってました!」など掛け声の練習もしたいと思います。こうして皆で共に体験をすることで浪曲を身近に感じて頂きます。その後に英語での浪曲実演、字幕付きの日本語での浪曲実演と、二席たっぷりお楽しみ頂く予定です。

浪曲をLIVEで聴くのは初めてという方がほとんどでしょう。ニューヨークの皆さんが、浪曲を初体験してどのように感じて下さるのか、とても楽しみです!



【主な資金用途】
・渡航費
・ニューヨーク滞在費用
・ニューヨーク公演会場費、スタッフ経費
・公演パンフレット制作費用
・特設ホームページ制作費用
・千社札、手ぬぐい、扇子などデザイン制作費用
・リターングッズなどの送料梱包費
・国内サポート募集用のチラシ制作費用
・ニューヨーク公演集客のための宣伝広告費


日本が誇るエンターテイメント「浪曲」を世界へ!

ニューヨーク浪曲公演、どうか応援宜しくお願い申し上げます!