COUNTDOWNはチャレンジを厳選した国内唯一のグローバルクラウドファンディングです。

電気自動車の素晴らしさを世界へ発信!!世界最高峰レース「フォーミュラE」への切符を賭け、日本人初チャレンジ!

スポーツで活躍したい
スポーツで活躍したい

電気自動車の素晴らしさを世界へ発信!!世界最高峰レース「フォーミュラE」への切符を賭け、日本人初チャレンジ!

このチャレンジについて



電気自動車最高峰のレース「フォーミュラE」参戦を目指します!

初めまして。レーサーの白石勇樹と申します。今回私は、電気自動車最高峰のレース「フォーミュラE」に参戦するために、みなさんのお力をお借りしたいと思い、カウントダウンにエントリーいたしました。

少し長くなりますが、私の想いを読んでいただけると嬉しいです

フォーミュラEとは?





なぜレースに参戦するのか?

これまでのレース人生においてドライバーとして直接、誰かを助けたり役に立つことはありませんでした。しかし今回のプロジェクトは違います。私がレースをすることで人の役に立ち、言い過ぎにも聞こえるかもしれませんが、地球の役に立つことも可能かもしれません。

現在、日本初のEVスポーツカー『トミーカイラZZ』の開発に携わり、電気独特の瞬発性のある圧倒的な加速力に魅了されました。電気自動車の最高峰であるフォーミュラEでレースをし、そこでトップを争う事が今の私の目標です。

参戦理由をまとめますと以下のようになります。

◆フォーミュラEが最終目標F1の重要な登竜門のクラスであるということ。

◆日本初のEVスポーツカー『トミーカイラZZ』の開発に携わり、電気というエネルギーの楽しさ・素晴らしさを感じ、電気独特のパワー感に魅了されたから。

◆電気エネルギーという次世代のエネルギー源に魅力を感じるから。

フォーミュラEに挑戦する社会的意義

エコ技術の最新テクノロジーが集結するフォーミュラE。エネルギー源が電気なので、当然CO2は排出しません。そして数少ない世界的スポーツでもあるため、ここでの結果は世界へと証明されます。
まだ誰もが挑戦したことのないフォーミュラEに、日本人として初めて挑戦します。

新たな自動車産業の誕生

電気自動車の最高峰のレースで日本人が活躍するということは、日本の人々に電気自動車を知ってもらえる大きな機会でもあります。

それは、新たな自動車産業に、日本の力があることを示すことでもあると思います。

日本人が走るからこその意味

エコ推進国・エコ大国の日本。世界的に見てもここまで地球環境について考える国は多くありません。これまで日本人が生み出した、地球を良くするための技術力はたくさんあります。

しかし海外では、それらが日本人の作ったものだと認知している人はほんのわずかに過ぎません。そこで最先端のエコ技術を導入したフォーミュラEに参戦することで、日本の技術を世界へアピールし、日本のものづくりを証明することができると信じています。

このチャレンジが成功して期待できること

世界最高峰の舞台で日本人が活躍し、電気自動車が広く普及していくことでCO2削減にも繋がります。

加えてレースという車にとって過酷な状況下から得た技術力が、私達が乗る一般車へとフィードバックされるのです。

「レースをしながら地球を守る」


そんな相反する言葉が当たり前になる時代がやってきたと思います。

このチャレンジで実現させたいこと

フォーミュラEへのチャレンジにあたって、第一ステップはアジアアトップフォーミュラAFRシリーズでの勝利です。


日本代表としてフォーミュラEに参戦し、そこで勝利を掲げることで日本の自動車技術やものづくりのレベルを世界へ証明したいです。

そしてこれまでのモータースポーツを一新させ、「エコの最先端」という新しいイメージで、日本にモータースポーツ/自動車人気を高めたいと考えています。そうすることで再び様々な企業が参入でき、自分が愛する自動車レースを活気づけられたらと思っています。


クラウドファンディングでなければならない理由

【フォーミュラE(その登竜門AFR)への参戦資金 ~レジャースポーツからテクノロジーのスポーツへ】

従来のレース資金の調達は、レースドライバー自らがスポンサーを探し、スポンサーもレース資金を拠出することで、広告宣伝効果や企業イメージのUPそしてコーポレートアイデンティティー(CI)の認知を通じて、スポンサー自身のブランディングの向上が大きな役割を占めていました。

しかし、モータースポーツも時代の変遷とともに、その存在意義も再定義されています。娯楽・レジャービジネスとして一部の関係者が楽しむモータースポーツから、「最先端技術の集積化・地球環境への配慮」といった目的にシフトしています。それに伴い、スポンサーの担い手も単に広告宣伝効果目的でレース資金を拠出するのみならず、「ものづくり」への研究開発投資と考えられています。

このようなスポンサーはやはり、資金力が豊富な大企業に限られますが、一方で、今後注目される「地球環境への配慮」という目的は、全地球人に直接的・日常的に関わることで、必ず克服すべき課題でもあります。それは、今このサイトをご覧になられている「あなた自身」のことでもあり、レーシングドライバーでもある私自身の課題でもあります。

グリーンロードモータースのトミーカイラZZという電気自動車への衝撃的な出会いから、次はその出会いの感動をモータースポーツ、特にフォーミュラEでNO.1 フラッグを掲げることで、「環境保全への配慮」という社会的課題の克服にチャレンジすることが、私の使命であります。

クラウドファンディングという、小さな力の塊が「フォーミュラEへの参戦」と「地球環境を守る」という、この二つの架け橋となり、同時に社会的課題をも克服できるものと信じています。



カウントダウンで調達するレース資金の使途について

AFR Series 1大会2レース制(9月14日、15日)に係る総費用3,000,000円(160,000RMB:8月15日現在通貨~では約¥2,540,000円を含む)
レース資金の主な内訳
・エントリー費用
・クムホ専用タイヤ 新品2set
・エンジン代
・ブレーキ パッド、ディスク新品1set
・ガソリン代
・担当エンジニア代
・その他諸費用

リターンのご案内

個人様向け
◉1,000円サポートすると...
[1]ピンバッジ +COUNTDOWN限定名刺(サイン入り)


◉5,000円サポートすると...
[1]+[2]ステッカー(サイン入り)


◉10,000円サポートすると...
[1]+[2]+[3]応援ソングCD+[4]COUNTDOWN限定ポストカード(サイン&オリジナルメッセージ入り) [5]アジアチャンピオン獲得時のプレミアム写真(サイン入り)※今回のレースで優勝しましたら、優勝時の記念写真(サイン入り)もお付けします!


◉50,000円サポートすると...
[1]+[2]+[3]+[4]+[5]
[6]COUNTDOWN限定サイン入りポスター
[7]トミーカイラZZパンフレット(サイン入り)


◉100,000円サポートすると...
[1]+[2]+[3]+[4]+[5]+[6]+[7]
[8]トミーカイラZZプレミアム試乗会ペアご招待



◉500,000円サポートすると...
[1]+[2]+[3]+[4]+[5]+[6]+[7]+[8]
[9]9月のAFRレース観戦&VIP特別席へのご招待

※AFRレース観戦&VIP特別席へのご招待のプログラムについて

特典
・特別席でのレースご観戦
・VIPパス&ゲートパス配布
・VIPホスピタリティラウンジへご招待

VIP Paddock Clubの特典
‐Buzz Racing VIP Paddock へのご入場
‐Paddock Club内でのドリンクサービスご提供
‐Paddock Club内でのspecial buffet のご提供
‐Paddock Clubオリジナルギフトバッグのプレゼント
‐チームのPITガレージツアー参加
‐レーシングドライバー、チーム首脳陣によるトークショー参加
‐ドライバーからのメッセージカードをプレゼント
・レース後、実際に使用したフォーミュラマシンへの乗車
・ドライバー&チーム首脳陣との集合記念撮影
・レース直前のスターティンググリッドへのご招待
・サーキット隣のゴルフコース手配  ※希望者のみ 

レース開催日程
2013年9月14日~15日 AFR series Rd.9-10 珠海

開催場所
中国 广东省 珠海市 香洲区 金鼎镇创新一路
+86 756-338 3228
※サーキットまでの渡航費はお客様のご負担とさせて頂きます。(飛行機代、フェリー代、タクシー代、ホテル・食事代など)
※香港空港からフェリーで40分の場所にあります。
※マカオのとなりの町で、中国の最南部のためPM2.5のご心配はございません。

問い合わせ期日
レース観戦をご希望される方は、レース開催日1か月前までにご連絡下さい。

問い合わせ方法
ページ右上の【質問を送る】よりお問い合わせください。

◉500,000円サポート(法人様向け)
実際にレースで使用するレーシングカー・ヘルメット・レーシングスーツの広告スペースに、御社のロゴステッカー・ワッペンを貼り、宣伝広告活動として取り組みを行います。

・レーシングカー 側面左右 最大露出スペース60cm✖縦25cm
 ※金額によりサイズは異なります。
・レーシングスーツへのワッペン貼り付け 横15cm
・ヘルメットへのロゴステッカー貼り付け


※広告スペースには限りがございますので、サポート金額の高い方から大きさを優先させて頂きます。
※ステッカー・刺繍を作成するため、会社名やロゴデータが必要になります。

※今回のAFRにおいてのメディア露出について

<テレビ>
中継映像:珠海電視台(生中継)奥門体育電視局(生放送)広西電視台(録画中継)広東電視台(録画中継)
・CCTV5(ニュースダイジェスト) ・Web-TV IMN

<雑誌>
・CAR PLUS 香港紙(香港の人気車雑誌)
・Race Day Buzz バズレーシングマガジン
・Whenever 
・PPW
・マカオ日報

<ウェブ>
・Autosport-Web ・ESPN China ・Racer Link ・Pit Talk Asia ・NNA

・白石勇樹オフィシャルHP http://yuki-whitestone.com/
・白石勇樹Facebook
・白石勇樹オフィシャルブログ 平均2000アクセス/日