Go Global!広島創生イノベーションスクール グローカルスクールで高校生の力を世界に発信したい!

地域を活性化したい
地域を活性化したい

Go Global!広島創生イノベーションスクール グローカルスクールで高校生の力を世界に発信したい!

このチャレンジについて

下崎邦明 ( 広島県教育委員会 教育長 )からの応援メッセージ

深山英樹会頭(広島商工会議所)からの応援メッセージ


広島県内13校の高校生が集まって地域の課題に向き合う「広島創生イノベーションスクール」

2015年夏から始まったこのプロジェクトの集大成であるイベント
「グローカルスクール」を2017年夏に広島市中心部で開催します。

高校生の力を世界に発信したい!
広島と世界をつなげたい!
イノベーションを起こす仲間を増やしたい!

高校生の強い思いを一緒に届けてください!ご協力をよろしくお願いします!


広島創生イノベーションスクールとは?

広島創生イノベーションスクールは、広島県内の高校生(13校、約100名)が他国の高校生や県内企業・NPO・大学生と協働して、地方の創生のために何が必要なのかということを考え、実際に活躍している方からイノベーションについて学び実践するプロジェクトです。
そこでは、4つのエリアチームに分かれて、それぞれが地方創生のためのアクションを起こしてきました。
また、2016年の夏には、ハワイに行き、フィリピン(セブ)、アメリカ(ハワイ州・ニューヨーク州)、インドネシア、ニュージーランドの4か国6地域の高校生とともに、これからの世界の未来について協働学習しました。

<プロジェクト参加校>
• 尾道学園尾道中高等学校
• 広島県立尾道北高等学校
• 広島県立呉三津田高等学校
• 広島県立西条農業高等学校
• 広島県立広島高等学校
• 広島県立広島観音高等学校
• 広島県立広島国泰寺高等学校
• 広島県立福山明王台高等学校
• 広島県立三次高等学校
• 広島県立安古市高等学校
• 広島県立吉田高等学校
• 広島市立広島工業高等学校
• 広島大学附属高等学校

<参照URL>
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/global-manabinohenkaku-actionplan/global-oecd.html


これまでの活動

全体スクール




プロジェクトメンバー全員で宿泊研修(計7回/17日)を行い、第一線で活躍する講師の方々からイノベーションを起こすヒントを学んだり、プロジェクトを統括するリーダー会を中心にグローカルスクールの企画を行いました。

<学習テーマ/講師>
・決める力/三谷宏治(金沢工業大学虎ノ門大学院 主任教授)
・哲学対話/河野哲也(立教大学文学部 教授)
・地域を知る、地域と関わる/平尾順平(NPO法人ひろしまジン大学 代表理事)
・直観力・決断力・大局観/羽生善治(棋士・名人)
・大切な人を幸せにする方法/熊平美香(一般財団法人クマヒラセキュリティ財団 代表理事)
・知識をつなぎ知識を創りだすコラボレーション(益川弘如 静岡大学学術院教育学領域 准教授)
・課題解決に必要なスキル/山崎亮(株式会社studio-L 代表取締役)
・未来のありたい姿/大学生スタッフ(NPO法人カタリバ)






グローバルスクール in Hawaii





2016年夏にハワイを訪問し、海外パートナースクール校の生徒との共同学習やフィールドワークを通して、グローバルな視野や国境を越えたコミュニケーション能力などを育むとともに、地球規模の問題や広島と諸外国の関係について理解を深め、持続可能な社会づくりに向けた世界のあるべきビジョンを熟議しました。






地方創生のための実践行動


13校が4つのエリアチームに分かれて、広島の魅力や課題を発見し、地域の課題について解決方法を考え実行しました。

エリアAチーム


<構成メンバー>
広島県立広島観音高等学校 広島市立広島工業高等学校 広島大学附属高等学校
NPOメンター:行村聡子(青年海外協力隊OG)
大学生メンター:小河理沙(広島修道大学)
社会人メンター:脇坂信太郎(NSウェスト株式会社)

<アクションプラン>
広島市南区翠町の地域イベントへの参画・運営






エリアBチーム


<構成メンバー>
広島県立広島国泰寺高等学校 広島県立三次高等学校 広島県立安古市高等学校
広島県立吉田高等学校
NPOメンター:松原裕樹(ひろしまNPOセンター)
大学生メンター:松島亜耶(広島県立大学) 増井佑夏(広島修道大学)
社会人メンター:梵大英(専法寺)

<アクションプラン>
都会と田舎をつなぐイベント「トナカイフェス」の企画・実施






エリアCチーム


<構成メンバー>
広島県立呉三津田高等学校 広島県立西条農業高等学校 広島県立広島高等学校
NPOメンター:増田勇希(ひろしまNPOセンター)
大学生メンター:田中歩(広島大学)
社会人メンター:木村善行(株式会社広島銀行)

<アクションプラン>
高校生と大学生を対象とした平和について伝えるワークショップの企画・実施






エリアDチーム


<構成メンバー>
尾道学園尾道中高等学校 広島県立尾道北高等学校 広島県立福山明王台高等学校
NPOメンター:下宮勇生(S-Produce.)
大学生メンター:平井千裕(福山市立大学)
社会人メンター:大沼杏実(Classi株式会社)

<アクションプラン>
地域で頑張る人を表彰するフリーペーパー「カッテデミー賞」の作成・配布

<参照>
http://kattedemy.npoc.or.jp







3年間の集大成!高校生の力を世界に発信するイベント「グローカルスクール」を開催!



2017年7月29日(土)~30日(日)の2日間、広島市中心部の会場にて、
これまでの3年間の活動の集大成となるイベント「グローカルスクール」を高校生の力で開催します。
昨年の夏にハワイでともに活動した海外の高校生と協働して
①紙屋町シャレオ中央広場
②広島県民文化センター
③国際会議場(平和記念公園)
の3か所でイベントを行います。

紙屋町シャレオ中央広場では、自分たちの活動の周知を目的として吉田高校神楽部による神楽公演、地域を盛り上げているゆるキャラの表彰、広島を知るためのクイズなどを、異文化理解を目的として海外の民族衣装ファッションショー、海外スイーツの物販などを企画しています。

広島県民文化センターでは、この活動に興味を持っている人を対象として、私たちの活動を紹介するポスターセッションや大人に子どもの力を知ってもらうためのワークショップ、小学生に未来のことについて考えてもらうためのワークショップ、価値観が違う中での異文化の理解を目的としたワークショップなどを企画しています。

国際会議場では、海外生徒と共に作成する「2030年のありたい未来」に向けた共同宣言を政策決定者や著名人ゲスト、一般参加者に発表します。


資金用途

「グローカルスクール」の開催費用として活用させていただきます。
① クイズ クイズ正解者への景品など
② 民族衣装ファッションショー 民族衣装のレンタル・クリーニング代など
③ 神楽公演 吉田高校神楽部への交通費、謝礼品など
④ カッテデミー賞 ゆるキャラ(ブンカッキー)への出演費用、賞状の費用など
⑤ 物販 海外スイーツなどの調達など
⑥ ワークショップ 模造紙、紙、ポストイット、参加者への景品、ゲストへの招待費用など
⑦ その他 広報、会場装飾など


高校生の力で、広島から世界へ!



まだまだ未熟な高校生
そんな高校生が全力で
「広島」に向き合い
「日本」に向き合い
「世界」に向き合ってきた3年間の集大成

「グローカルスクール」

このスクールで、政策決定者、著名人ゲスト、NPO、大学生、広島県民、高校生、多くの人に高校生の力を発信し、未来について共に考えます

「このイベントで新たなイノベーターの仲間を増やしたい!」
「このイベントで私たちの思いや考えを政策決定者に共感してもらい政策に生かしてほしい!」

高校生の大きな夢への応援をよろしくお願いします!

<ホームページ>
https://his2017glocal.wixsite.com/innovation-school
<Twitter>
https://twitter.com/Glocal_2017_HIS
<facebookページ>
https://www.facebook.com/HiroshimaInnovativeSchool


応援メッセージ



広島県教育委員会主催の広島創生イノベーションスクールは、広島県の「学びの変革」を推進するリーディングプロジェクトです。教育の力で広島・日本・世界の「よりよい未来」を実現していきます。3年間のプロジェクトの集大成、高校生の力で創り上げる「グローカルスクール」へのご支援をよろしくお願い申し上げます。

寺田 拓真(広島県教育委員会事務局 教育部 学びの変革推進課 課長)