COUNTDOWNはチャレンジを厳選した国内唯一のグローバルクラウドファンディングです。

ネパールの薬物・アルコール依存症から回復した若者たちと一緒に、コーヒーショップをオープンしよう!

社会貢献したい

ネパールの薬物・アルコール依存症から回復した若者たちと一緒に、コーヒーショップをオープンしよう!

このチャレンジについて

ネパール・カトマンズにある薬物・アルコール回復支援施設「The Recovering Group」を卒業し、社会に戻った多くのネパールの若者が抱える問題として、「就労」の問題があります。働きたくても働く場所がない、、、そのような中、就労の機会の創出としてコーヒーショップの開店を計画しています。ネパールの依存問題から回復した若者たちがカフェを開くことで、彼らの自立、社会参加が実現できます。

カフェのオープンには総額150万円かかる見込みですが、今回はその中からクラウドファンド第一弾として、エスプレッソマシン及び機材購入費として75万円の資金調達にチャレンジします。あたたかいご支援、何卒よろしくお願い致します!






私たち「ナマステ兄弟社」とは?

下記に紹介している3団体が協働で行っているプロジェクトです。

○The Recovering Group ザ リカバリング グループ  ネパール・カトマンズ
アルコール依存症や薬物依存からの回復者たちによって2005 年に設立された。公的な支援はなく、自主財源のみで運営している。

○Mie DARC 三重ダルク 三重県・津市
三重ダルクは、もともと薬物依存からの回復を目指す当事者のコミュニティ活動として始まった、全国15 番目に開設されたダルク。現在は専門資格を持つスタッフもおり、経験を生かしたサポートに専門性を加えたサポートを提供している。

○WorkersHome ワーカーズホーム 沖縄県・宜野湾市
沖縄県宜野湾市にある就労継続支援B 型事業所。現在、毎日10 数名の方が来所し、コーヒーや紅茶を作成し、販売を行っている。

この3事業所が協同して立ち上げたのが「ナマステ兄弟社」です。

ネパールから送ってもらった紅茶を沖縄で袋詰めし、三重で販売を行っています。三重ダルク市川とワーカーズホーム横山は、過去4年間に4度ネパールを訪れ、Suyashと紅茶問屋やコーヒー農園を視察しました。2015年には三重のメンバーが沖縄へ、沖縄のメンバーが三重へ、そしてSuyashが三重と沖縄の各事業所を訪問し、同事業所利用者と相互交流を行いました。


TRG女性専用のリハビリ施設を視察

TRGの中庭で行われているミーティングに参加する

ネパール・カトマンズのTRG内でインタビューを行う。右から市川氏、Suyash氏、横山氏

まず、自分たちでできる範囲での支援をしよう、ということで、日本で中古で購入した家庭用エスプレッソマシンを寄贈!

ネパール、三重、沖縄のそれぞれの利用者が交互に視察、ミーティングを行い、今後の方針を話し合う(写真は沖縄でのディスカッションの様子)



みんなでコーヒーショップをオープンさせよう!

3年前から私は「The Recovering Group 」代表のSuyash氏に協力を仰ぎ、ネパールから紅茶の茶葉を定期的に送ってもらっていました。それを沖縄県宜野湾市にある、依存問題を持つ方が多く利用する就労継続支援事業所「ワーカーズホーム」で袋詰めなどの加工作業を行い、三重県津市の薬物依存症回復支援施設「三重ダルク」に卸しています。

これにより、「The RecoveringGroup 」、「ワーカーズホーム」、「三重ダルク」を利用する利用者の方々への給料(工賃)が生まれました。ただ、量としてはそれほどなく、さらにこれを発展させていくために、カトマンズ・沖縄・三重でのカフェの出店を計画しています。今回のチャレンジはその第一歩として、まずはカトマンズでの出店を行いたいと思います。







このチャレンジで世界を変えたい!

まず依存問題を持つ当事者が、主体的に雇用創出、工賃確保を行います。弱者を支援するのではなく、お互いの立場を尊重しながら、それぞれが主体的に働きかけることに意味があると確信しています。また、ネパール・沖縄・三重のそれぞれの事業所が、同じ立場で連携を取りながらプロジェクトを進めることも革新的であると考えています。

雇用の機会がなく、せっかく依存問題から回復しても希望が持てなかったネパールの若者たちが、社会的にも経済的にも自立することができます。そのことでいまだ依存の問題で苦しんでいる若者が、未来に希望を持ち、依存の泥沼から早期に抜ける機会が増えます。

・回復した依存者の社会参加
・自立の場の提供
・依存で苦しんでいる若者に希望を
・薬物やアルコールに依存しないでも生きていける社会に

私たちはそう強く願っています。
皆様のあたたかいご支援、どうかよろしくお願い致します!


資金用途

・エスプレッソマシン及び機材一式の購入