COUNTDOWNは厳しい審査を通過したチャレンジのみを掲載する国内唯一のグローバルクラウドファンディングです。

お店と中小企業の売上アップに貢献するための販促アプリを開発し、日本を元気に!東北発の新しい集客ツール

起業したい

お店と中小企業の売上アップに貢献するための販促アプリを開発し、日本を元気に!東北発の新しい集客ツール

想い

チャレンジャーの高橋です。

約2ヶ月間のクラウドファンデングの挑戦が終了しました。
今回の挑戦は、たくさんの想いが詰まったものとなりました。


感謝。

たくさんの方のご協力とご支援によって、
達成できたことに、心から感謝しております。

この挑戦期間中、様々な方に、
色んなお願いを、私は何回したことでしょう。
全く数えることができません。

ページを見てご意見下さい、動画を見てご意見下さい、
資料を見てご意見下さい、この取り組みについてご意見下さい、
お話を聞いて下さい、ご紹介して下さい、お会いして下さい、
シェアして下さい、ご支援下さい。

細かく言えば、もっとある中、それに応えてくれた方々がいました。
その全ての人たちがいたからこそ、今回、目標額を達成できました。

その全ての人に、感謝しています。
本当にありがとうございます。


応援。

挑戦中、たくさんの方から応援を頂きました。

どれだけたくさんの方々から、
励ましの言葉を頂き、ご協力を頂いたことでしょう。

頑張れ、動画見てます、あなたならできる、
東北を一緒に元気にしましょう、何かできることはないか、
こんな人なら紹介できるよ、もっとこうした方がいいよ、
中小企業をもっと熱くして下さい、一緒に頑張ろう、
あと少しだ、諦めるな、できると信じてる、奇跡を起こせ!

ここには、とても書ききれません。
このような応援があったからこそ、私は達成できました。

応援の力は、とても偉大であると、知りました。
この経験は、次に誰かを応援する際に活かそうと思います。


挑戦。

「すごい挑戦だね。自分だったら無理です。」
人は誰でも、失敗したくない、自分の欠点を認めたくない。

正直、自分も、そういう人間だと思います。
だからこそ、今回の挑戦には意味がありました。

クラウドファンデングの様に、公の場に身を置いた時点で、
客観的に「挑戦している」ことになりますので、
ごまかしなど全くききません。全てバレてしまいます。

私は、50日連続の動画メッセージ投稿を行いました。
再生数を見れば、あるいは、評価数を見れば、
どれだけ自分が足りないか、全て分かってしまいます。
1日でも無断で欠かそうものなら、その時点で信頼は喪失します。

だからこそ、挑戦することが大切だと思います。
まずは、計画し、行動すること、自分に何が足りないか知ること、
その改善策を考えること、そしてまた行動し、繰り返すこと。

今回の挑戦の中で、私は、自分に何が足りないのか、数多く認識し、
それによって、生まれる不都合な経験をたくさんしました。

ここで得たものを、今後の挑戦に活かします。


戦い。

今回、クラウドファンデングの目標額は達成しましたが、
私はまだ何も成し遂げてはいません。

本当の戦いはこれからです。

商業向けアプリ開発は、そんなに簡単なことではありません。
成果に繋がることは当然ですが、継続的な運営ができるか、
技術的な問題を解決できるか、認知度を上げられるか等、
実際に、成功できるかどうかが問題です。

そのためにも、
これから、日々、研究とテストと改善を繰り返しながら、
より価値が高く、より多くの方に利用される、
安定したサービスを提供するため、挑戦を継続して行きます。

「より多くの人とお店を繋げ、お客様もお店の人も笑顔にし、
 日本の地域経済を更に活性化させる。」という戦いにおいて、
今日のクラウドファンデング達成は、スタートラインです。


感謝を忘れず、応援の声を聞き、
毎日挑戦を続けながら、成功するまで戦います。


改めまして、この度は、
皆様のご支援・ご協力、本当にありがとうございます。

今後とも、宜しくお願い致します。