COUNTDOWNは厳しい審査を通過したチャレンジのみを掲載する国内唯一のグローバルクラウドファンディングです。

最新の合氣道技術をオンラインで! 岩間合氣道「齊藤仁平宗家」海外セミナー動画配信

伝統を広めたい

最新の合氣道技術をオンラインで! 岩間合氣道「齊藤仁平宗家」海外セミナー動画配信

コラボチャレンジは、目標金額の達成可否に関わらず決済が行われます。

このチャレンジについて

人類は進化し続けます。
その人類と調和し、天地と和合する合氣道もまた、進化します。

開祖のご遺志を受け継ぎ、岩間合氣道は日進月歩の進化を続けています。
齊藤仁平宗家は合理的で無理のない技術に更なる磨きをかけておられます。
また、開祖が求められた「霊主体従」の世界観を深め、教示しておられます。

本来は門外不出と言われる伝統武道の世界。
その教えは入門者と一部のセミナー参加者にのみ伝えられます。
物理的・金銭的・心理的な様々なハードルを超えなければ、その教えを受けることは叶いません。

その岩間合氣道の最新の技術と理論を、誰でもオンラインで入手することができるようになります。
これまで撮影不可としていた宗家によるセミナーを動画で収録し、このチャレンジを支援してくださる方にのみ配信します。

2020年5月末のポルトガル、7月末のカリフォルニア、そして11月末のスロバキアで行われる3回のセミナーを収録予定。
スマホやパソコン、タブレットなどあらゆる端末でいつでもどこでも何度でもご覧頂くことができるようになります。


チャレンジャーご挨拶




チャレンジャープロフィール


大高真(おおたかまこと)
NPO法人岩間神信合氣修練会 理事、東京支部長
2015年に日本最大手の信用調査会社を退職し、合氣道の指導者となる(現在六段)。
理事として「二代目齊藤守弘襲名披露式」実行委員長、当会発足10周年記念国際演武大会(於:明治神宮)運営など本部の活動を支援。
東京支部、韓国支部の指導を担う他、子供や初心者を対象とする教室を東京都大田区で運営している。


<合氣道の理想>





人と争わず、天地万物と和する人間性を育むこと。
これは合氣道を学ぶ者の理想です。

その理想に、体術、剣術、杖術などの修練を通して近づいていきます。


合氣道の開祖・植芝盛平翁は、第二次世界大戦以後、茨城県の岩間(現笠間市)で神技の研鑽を続けておられました。
その開祖に身を粉にしてお仕えし、開祖から合氣神社と道場を守るよう託されたのが故・齊藤守弘先生です。

そして今、そのご遺志は守弘先生のご子息、齊藤仁平宗家へと受け継がれています。
NPO法人岩間岩間神信合氣修練会は、開祖の理念に従い、技術を更に高め、次の世代につなぐ役割を担っています。

宗家は、開祖が理想とされた合理的で無駄のない技術を磨き続けておられます。
また、鎮魂や禊など開祖が実践された神道の行法を再現されています。

その教えは日々進化し、合氣道の理想に日進月歩で近づいています。
その進化についていくには、宗家のご指導を定期的に受けることが求められます。




<大きな壁>


しかし、私たちには大きな壁が立ちはだかります。

伝統武道である合氣道は、直接指導により伝えられます。
そのため、教えを受けるには岩間本部へ行くか、宗家の国内外のセミナーに参加するしかありません。

そこには様々なハードルがあります。

スケジュールを確保し、交通費や滞在費を用意しなければなりません。
家族や職場の理解と協力を仰ぐ努力も求められるでしょう。

そこには、近所のカルチャースクールで学ぶような気軽さはありません。
余程強い決意を持たなければ、その壁は乗り越えられないのです。


<進化のチャンス>


一方、伝統武道にもジレンマはあります。

肌を触れ合う直接指導を基本とする伝統武道は、伝えられる人数に限りがあります。
仮に世界中の求めに応じて宗家が各地を巡っても、深く伝えるには時間が足りません。

これらの問題をただ傍観しているだけでは進化は望めません。


進化とは、ただ待っていれば起こるものでしょうか?

それは違います。

現状の課題に挑み、新たな活路を見出す努力が必要です。
その結果として、私たちは進化するのです。


合氣道の技術も同様です。

より厳しい状況から無理なく技を行う工夫を重ねることで、技術が進化します。
その研鑽の繰り返しが、逆境を打破する強い人間性を育みます。



ジレンマは工夫次第で進化のチャンスになり得ます。
新しいIT技術と経済インフラを活用すれば、一歩前に進むことができるのです。

宗家は、これまで撮影不可としていたセミナーを動画収録し、このチャレンジをサポートしてくださる方へ配布することをご了承されました。
これは、岩間合氣道の歴史における重大なターニングポイントになります。


具体的には、2020年5月末ポルトガル、7月末カリフォルニア、そして11月末スロバキアで開催するセミナーの様子を動画で収録します。
そして各セミナー開催月の翌月から、全世界へ向けてストリーミング配信を開始します。

宗家のご指導をスマホやパソコン、タブレットなどあらゆる端末でいつでもどこでも何度でもご覧頂くことができるようになるのです。



<セミナーの一例>


私は幸運にも、宗家が海外で開催されるセミナーに何度かご一緒させて頂いております。

そこで行われるご指導は、実に深く幅広い内容です。
基本技術の詳細な解説に始まり、多彩な応用技術のご紹介に至るまで、まさに合氣道の全貌を伺うことができます。

その一例をご紹介しましょう。



2019年11月にフランスで開催されたセミナーのメニューです。

11月8日(金)
 ・剣素振り
 ・体術(正面打ち)

11月9日(土)
 ・短剣取り
 ・組杖
 ・組太刀
 ・鎮魂法
 ・体術(両肩取り)
 ・体術(後ろ技)

11月10日(日)
 ・剣対杖
 ・杖取り
 ・組杖

 ※各クラス1時間15分(鎮魂法は20分)


ご覧の通り、半分以上が武器技のクラスになっています。
また、セミナーは剣の素振りから始まります。

開祖は合氣道のご説明をされる際、常に剣を持って始められたそうです。

剣術と杖術の動作は体術に通じています。
これは、岩間合氣道の特色とされますが、本来は開祖の合氣道がそうであったのです。

武器術も体術も含め、相手を無理なく制するのが合氣道です。

セミナーでは、武器術の中で体術のご説明をされ、体術の中で武器術のご説明をされる場面がしばしばあります。
それらの関連性を総合的に受けられるのも、セミナーの特色の一つです。



次に、初日の体術のクラスでご指導頂いた技術の例です。

・体の変更
・体の変更(気の流れ)
・諸手取り呼吸投げ(気の流れ)
・正面打ち入り身投げ
・正面打ち小手返し
・正面打ち四方投げ表技
・正面打ち四方投げ表技(払われた場合)
・正面打ち四方投げ表技(押された場合)
・正面打ち岩石落とし

これらの基本技術について、最新の技術理論を開祖の口伝を引用されながら解説されました。

相手がしっかりとつかんでから行う基本技と、相手がつかもうとする動きに合わせる「気の流れ」の技の関連も多数ご指導されています。
更に、精神的な鍛錬のための「鎮魂法」や、言霊の概念を「ミソギ」の例で解説されました。
参加者は、神道と合氣道の関係性に対する理解を深めることができます。

日本人であっても一度参加しただけで全ての教えを修得できるものではありません。
言葉や文化の違う海外の方は、より一層の困難を感じていることでしょう。

宗家の指導を受けたことのある人であれば、技術を反復することの重要性を十分に理解しているはずです。




<進化をあなたのお手元に>


高級レストランのシェフから秘伝を学ぶことは簡単でしょうか?
答えはノーです。
シェフの下で何年も修行を重ね、そのエッセンスを盗み取るのが普通でしょう。


これは、伝統武道の世界も同様です。

岩間本部へ行くか、セミナーを受けに行くしか方法がありません。

仮に、2020年に行われる3回の海外セミナーにすべて参加するとします。
受けられる稽古の時間は、岩間本部に約3週間滞在することに相当します。

しかし、そのための日数と渡航・滞在費用を準備し、
家族や職場や学校などの理解と協力を得ることを考えると、多くの人にとっては現実的ではないでしょう。


その壁を、このチャレンジをサポートすることで一気に飛び越えることができます。

3回のセミナーは全て動画で収録され、サポートしてくださる方へ翌月から配信されます。
サポーターは、手元のデバイスでいつでもどこでも何度でもセミナーを観ることができるようになります。

動作や技術の参考になることはもちろん、日本語・英語の理解を深めることができます。
その他にも、動画は工夫次第で様々な活用ができるでしょう。

このチャレンジは、伝統武道に新たな学びの世界を開く第一歩となるのです。



人類は進化し続けます。
そのことを、開祖は「わしは死ぬまで修行じゃ」と体現されました。

開祖のご遺志は、今も岩間で生き続けています。
このチャレンジをサポートすることは、ただ技術の習得チャンスを得るだけではありません。

合氣道の進化の歴史を、あなたも共に歩むことになるのです。

ぜひ、あなたのサポートをお待ちしております。


資金用途


・セミナー撮影費用
  機材費(カメラ・マイク・三脚・ディスク・バッテリー他)
  撮影費用(機材搬送費、人件費、旅費)
・動画配信費用(1年間)


<NPO法人岩間神信合氣修練会公式ホームページ>
https://iwamashinshinaikido.com/ja/

<岩間神信合氣修練会東京支部>
http://iwamaaikido.jp/uehara/

<大高真の合氣道教室(東京都大田区)>
https://omorisannoaikido.wixsite.com/home
https://omorisannoaikido.wixsite.com/nishi-rokugo

<大高真Facebook>
https://www.facebook.com/makoto.otaka