COUNTDOWNはチャレンジを厳選した国内唯一のグローバルクラウドファンディングです。

日本の知恵と技術を世界に発信する「宝の地図」(口伝でつくる伝統産業事典)をつくりたい!

伝統を広めたい

日本の知恵と技術を世界に発信する「宝の地図」(口伝でつくる伝統産業事典)をつくりたい!

このチャレンジについて

■未来につなげたい! 日本のホンモノ宝物。


はじめまして、矢島里佳と申します。
私は、現在、学生時代に立ち上げた株式会社「和える」の代表として、日本の伝統産業や文化を未来につないでいくためのいろいろな活動に日々奔走しているところです。

昔から、脈々と続いてきた日本の伝統産業。その知恵と技術を守り育ててきた職人さんたちと、彼ら彼女らの手から生み出される「ホンモノ」の品々。それは、日本が誇れる大切な宝物です。けれど、日本中にあふれるこの宝物の存在に、ほとんどの人は気付いていないように思えます。

日本の大切な宝物を失わないために、その魅力を引き出して未来に伝えていくために、私には今、夢があります。それは、各地の職人さんたちのもとを巡って伺ったお話をひとつひとつまとめて日本の「宝の地図」(口伝でつくる伝統産業事典)をつくり、世界に向けてWEBで発信していくことです。

この夢を実現させるために、皆様のお力を借りられましたら嬉しいです。どうぞご支援のほど、よろしくお願いいたします。

■「口伝」だから聞ける。学校では教えてくれない物語。


ただ伝統産業についての知識を集めて事典をつくるだけなら、インターネットや本で調べてもいいんじゃない?と、思う方もいらっしゃるかもしれません。それでも私には、どうしても直接職人さんに逢いに行くことにこだわる理由があるのです。

日本では昔から、物語や知恵が口伝えで伝えられてきました。口伝で語られるのは、人の経験に基づいた物語。そこには、単なる知識の羅列にはない人の命や魂が息づいています。あっと驚くような事実が、意図せずして明かされることもあります。

たとえば、藍染めに使われる「すくも」のもとになる、蓼藍(たであい)という植物。
戦時中に食料にならない植物を栽培することが禁止された時、藍染め職人の叔父に頼まれ、1年間裏山で隠れて蓼藍を育てた女性がいたのだそうです。彼女がいなければ、今の日本に藍染はなかったかもしれない。私が出逢った藍染め職人さんに聞かせていただいた話です。学校でも、なかなか教えてもらえないようなことです。


▲藍染め職人さんの手。一人の職人さんに、多くの物語が隠れています。

伝統を受け継いできた職人さんたちの中には、たくさんの物語が眠っています。じっくりとお話を伺っていくと、とつとつと語る言葉の中から驚くような事実や知恵がぽろぽろとこぼれてきます。けれど、話しているご本人はそれが貴重だと気付いていないことも多いのです。その貴重な言葉を拾い上げていくためには、職人さんたちと直接顔を合わせてお話をすることが欠かせません。

職人さんのもとに実際に足を運び、ひとつひとつ大切に集めた物語を散りばめた「宝の地図」。生きた日本の知恵がいっぱい詰まった世界にひとつしかない地図になるはずです。

■「宝の地図」(口伝でつくる伝統産業事典)は、こんな地図です!



▲宝の地図は、職人さんたちの知恵や技術、そして物語を集め世界に発信するWEBサイトです。

【2つの特長】
・日本全国の伝統産業について包括的に知ることができる。
本藍染めや砥部焼、越前和紙など、長い歴史の中、その土地ごとの風土や文化の中で育まれてきた独自の伝統産業。その一つひとつに脈々と息づく先人の知恵を、「口伝」に基づき、国内外の方々に興味深く読んでいただける形で紹介します。日本の伝統産業の知恵と技術が集められている場所です。

・日英バイリンガルで世界に発信。
日本の職人さんたちの豊かな知と技術は、日本だけでなく、世界にとっても大切な財産。世界の人たちにも日本の「ホンモノ」の魅力を知っていただけるよう、日本語、英語の両方でWEBで発信することで、国境を越え、いつでも、どこでも、誰にでも見ていただける形で提供します。

■日本の知恵を、世界へ。未来へ。


「宝の地図」(口伝でつくる伝統産業事典)の目的のひとつは、世界の人々に日本の職人さんに逢いにきていただくことです。「ここまでするの!」と思うほどの飽くなき探求心や、情熱。魂をこめて生み出される「ホンモノ」の数々。職人さんたちとの出逢いから私が得たものは、言葉では伝えきれません。彼ら彼女らとの出逢いは、きっと誰にとっても心が震える、人生を変えるような経験になるはずです。この「宝の地図」を通じて、多くの人が日本の伝統産業を身近に感じ、職人さんに逢いにきてくれることを願っています。

もうひとつの目的は、日本の知恵と技術を世界の共有財産として未来につなげていくことです。人から人へ時間を超えて引き継がれてきた知恵と技術の結晶が、伝統産業。「自分の代で終わらせたくない」と、私がこれまで出逢ってきた職人さんたちは口を揃えて言います。この大切な宝を、世界の誰でもアクセスできるWEB上で分かち合うことで、次の世代に伝えていきたい。100年200年先、今の時代に生きる私たちがいなくなってしまっても、日本の知恵が生き続けていってくれること。それが、私の願いです。

■そして、新たな出逢いから生まれる「ホンモノ」を世界の子どもたちに。


私はこれまで、「和える」を通して「子どもたちに届けたいホンモノ」の商品たちを送り出してきました。どれも、職人さんたちとの出逢い、対話から生まれてきたものです。今回の「宝の地図」をつくるための旅での新たな職人さんたちと出逢いからも、また、新たな「ホンモノ」を生み出していきたいと思っています。

これから出逢う職人さんたちとともにつくっていくモノなので、どんなモノができるのかは、まったくの未知。けれど、以下の3点は必ず叶えたいと思っています。

・職人さんの魂のこもった嘘偽りのない、本当に「いいモノ」であること
・子どもの視点を大切につくられた、大人も使いたくなるモノであること
・日本の人にも世界の人にも使っていただけるモノであること

日本の「ホンモノ」で世界の子どもたちの心を育みたい、という願いをこめて、この商品は、国内、国外の両方に向けて販売していく予定です!


■一緒に「宝の地図」をつくってくださる皆様へのリターンとお願い。


・「宝の地図」制作のお仲間として、サポートをしてくださった方全員のお名前は、クレジットに掲載させていただきます!
・また、すべての方に上記の「和える」新商品の先行予約権も差し上げます!

その他、以下のようなリターンをご用意しています。

◆旅日記を配信
旅先の様子をメールマガジンで配信いたします。
[リターン対象]
1,000円、3,000円、5,000円、10,000円、30,000円、50,000円

◆全国行脚報告会ご招待
全国の職人さんにお会いした旅の報告会。2013年に東京・京都にて開催予定です。
※交通費、宿泊費等は自費でお願いいたします。
[リターン対象]
3,000円、5,000円、10,000円、30,000円、50,000円

◆直筆の御礼の葉書
旅先から随時お送りいたします。
[リターン対象]
5,000円、10,000円、30,000円、50,000円

◆新商品の購入時割引
全国行脚の旅終了後に制作予定の和える新商品の先行予約権と、ご購入時に割引いたします。
[リターン対象]
5,000円:10%OFF
10,000円:10%OFF
30,000円:20%OFF
50,000円:20%OFF

◆和えるサポーター会員(★注)会費無料
和えるサポーター会員の年会費、特典商品をご優待いたします。
[リターン対象]
10,000円:1年間会費無料 + こぼしにくい器 砥部焼きボウル
30,000円:1年間会費無料 + こぼしにくい器 山中漆器平皿
     (茜色、黒茶色、木肌色の中からお好きな色をお選びください。)
50,000円:2年間会費無料 + こぼしにくい器 大谷焼ボウル + 本藍染フェイスタオル和えるオリジナル桐箱入り

【特典のご紹介】
▼こぼしにくい器 砥部焼きボウル


▼こぼしにくい器 山中漆器平皿


▼こぼしにくい器 大谷焼ボウル


▼本藍染フェイスタオル(和えるオリジナル桐箱に包んでお送りします)


【★ 和えるサポーター会員特典とは】
・和えるサポーター会員の会員証が郵送で届きます。会員ナンバー入り。
・年に1回、和える主催のサポーター交流会にご招待します。(交通費、宿泊費等は自費)
・年4回、和えるの活動報告が届きます。
・特典商品が一点つきます。(リターン金額によって異なります)
・その他、お知らせなどが不定期で配信されます。

☆ 目標金額85万円
使用用途:職人さんを訪ねる旅の旅費・交通費
「宝の地図」(口伝でつくる伝統産業事典)編纂にかかる実費


日本の大切な宝を世界へ、未来へ伝えるための宝の地図。
完成させることができるよう、皆様にサポートしていただけたら、本当に嬉しいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします!