COUNTDOWNはチャレンジを厳選した国内唯一のグローバルクラウドファンディングです。

今年もチャレンジ!40年以上続いている歴史ある米国イリノイ大学の奨学制度を、未来に引き継ごう!

社会貢献したい

今年もチャレンジ!40年以上続いている歴史ある米国イリノイ大学の奨学制度を、未来に引き継ごう!

42期小山八郎記念奨学生が無事イリノイ大学に到着致しました!

42期小山八郎記念奨学生が無事イリノイ大学に到着!

昨日からぐっと冷え込み秋の訪れを感じる季節となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
42期小山八郎記念奨学生が全員無事に、イリノイ大学キャンパスに到着致しました。シラバスウィークも終わり、いよいよ授業が本格的に始まる頃です。不安も期待も大きい時期だと思いますが、温かく見守って頂けると幸いです。
今回は到着後すぐの42期のキャンパスでの様子をお伝えしたいと思います!

南部俊人

寮につき、まず始めに感じたのは、キャンパスの広さ。ある程度は予想していましたが、実際に来てみるととてつもなく感じます。そして、寮に入って間も無く、IDカードを取りに行くように言われたのですが、そこは寮から2キロ先…!学内にはバスが走っているのでそれに乗りますが、バスも系統がいろいろあってややこしくて迷いそうです!毎日オリエンテーションがあってものすごい情報量なので、パンクしないように頑張っています!


岩永陸

20日にシカゴへ到着し、22日の朝にAmtrak経由でUIUCのキャンパスに到着しました。初日は友人が紹介してくれたインド人のロハンくんと食事をし、院生生活について色々教えていただきました!これから頑張って参ります!


田原千瑞

イリノイ大学は中西部ということもあって、アジア人が少なく、ローカルのアメリカ人が多いのが印象的です。寮の友達もほとんどがシカゴをはじめとするイリノイ州の出身で、アメリカ社会に飛び込んだ気がしています。ネイティブ中のネイティブなので、グループでの会話に参加するのがとっても大変なのですが、何とか楽しんでいます!


福田健太

オリエンテーションでは、どの国の人もけっこう地元同士でグループ作って話してるんだなぁと実感しました。
でも意外と、そこに話しかけに行ったら輪に入れてもらえて、その時とった写真です!